Hearing aids technology

難聴の赤ちゃんは、話すために補聴器を着用できますか?

難聴の赤ちゃんは、話すために補聴器を着用できますか?

赤ちゃんの学習は知覚から始まります。 聴覚は私たちの最も重要な感覚器官の1つであり、コミュニケーションのための重要なチャネルであり、言語を学習し習得するための重要なツールです。

言語の3つの主要なシステム:発音、語彙、および文法は、聴覚と切り離せません。 赤ちゃんの言語は模倣から始まり、知覚、識別、記憶、受信、分析することができます。 言語発達学習のさまざまな段階で聴覚は非常に重要です。 たとえば、音の解像度、リズムの模倣、呼吸の知覚など。

1522239045633442.jpg

聴覚は語学の学生であると同時に言語コーチでもあります。 学習中、彼はいつでも送信するすべてのトーンを聞き、正しい発音習慣が満たされるまで、必要に応じて対応する発音部分を調整できます。

子供が早期または自然に聴力を失うと、言語を学習するための受信チャネルを失います。 これが、この格言がしばしば「耳が聞こえない、愚かな」と言われている理由です。 耳の聞こえない子供の「口のきけない」は「話すことができない」のではなく、「話すことのできない」。 彼らは他の人の発音を聞くことができず、彼ら自身の発音を聞くことができず、彼らが正しいか間違っているかを判断することができず、感情とリズムのある言葉を作ることができません。 これが、子供の言語の多くが不明瞭であるように思われ、ロボットが話すようにリズムが柔軟ではない理由です。

子どもの言語リハビリについては、2ポイントを考慮する必要があります:

1補聴器の装着は、聴覚の問題を解決するだけです。 言語能力の回復は当たり前とは言えません。なぜなら、言語学習の啓発段階は、聴覚障害がないために補償されないかもしれないからです。

2補聴器の補償後、特定の基準を満たす必要があります。 多くの補聴器組織または専門家がこの問題の解決を支援できます。

子供は補聴器を装着し、普通に話しますか?

子供が補聴器を持参した後、言語を入力する方法は3つの評価が必要です。

1聴覚能力評価:定量的評価、機能的評価。 難聴の程度と補聴器補償の効果が測定されます。 そして音声認識率。

2音声習熟度評価:聴覚障害児の発音レベル、理解能力、語彙レベルの分布、言語の使用と表現、さらには正常な発達が得られない口の筋肉や足首などの臓器の機能を検出する能力。

3学習能力評価:これは包括的な評価であり、主に子供の調整能力、視覚的記憶、識別、連想、および他の言語思考です。,包括的な言語スキルのリハビリテーションと開発のための多面的なトレーニングの基礎を提供します。

子供は補聴器を装着し、普通に話しますか?

要するに、ろう児のリハビリテーションの仕事は骨の折れる仕事です。 補償を聞いた後、プロの音声補正の専門家によるリハビリテーション計画を作成し、プロの音声補正者によるトレーニングを練習することが最善です。 これにより、聴覚障害児ができるだけ早く回復するように、矯正効果が高まり、効率が向上します。 社会に再統合し、自己啓発の機会を増やします。

Link:Can a baby with a bad hearing wear a hearing aid to speak?

Source from the China listed hearing aids factory and supplier: JINGHAO Hearing Aids.