Hearing aids technology

補聴器を装着して聴力を回復できますか?

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
難聴は、患者を人生、研究、および仕事において非常に困難かつ困難にします。 ろう患者ははっきりと聞こえないか、間違った言葉を聞くことができません。これは学習障害、コミュニケーション障害、仕事上の困難、または恥ずかしさとトラブルにつながり、ろう患者は徐々に社会から隔離されます。 したがって、多くの人々は補聴器に希望を置き、補聴器は視覚の視力矯正と同じくらい簡単に聴覚を矯正できると誤って考えていますが、それはそれほど単純ではありません。 補聴器は元の可聴音を可聴になるように増幅するだけですが、難聴(難聴が原因)と難聴(心理的要因)の程度を減らす正確な尺度はありません。 補聴器は、聴覚を正常に戻すことはできません。補助的な役割しか果たすことができません。 難聴の後、難聴の速度を遅くするために、適時に補聴器を選択する必要があります。補聴器は、人間の実際の耳を置き換えることができない一種の電子製品です。 補聴器を装着してすぐに通常の聴力に戻ることは非科学的です。 補聴器は、アナログコンピューターからデジタルコンピューターにまで発展してきましたが、現在ではハイエンドのすべてのデジタルコンピューターであり、ますます複雑な環境で人々のリスニング要件を満たすことができます。 補聴器の使命は、高品質の補聴器を提供することです。これにより、難聴の人が普通の人と同じコミュニケーションの機会を享受できます。 補聴器に対する期待はリスニングのニーズに関連しており、最終的な効果はモデルの選択に依存します。

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
  

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
補聴器が聴覚障害のある患者に役立つことは間違いありませんが、補聴器が聴覚リハビリテーションにどの程度役立つかは、次の要因によって異なります。

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
(1)補聴器の期待値は現実的であり、補聴器の性能特性を理解する必要があります。 補聴器は、医療機器の一種として、患者のすべての問題を解決することはできません。 患者が補聴器の特性を完全に理解した場合にのみ、非現実的なアイデアを放棄できます。

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
(2)補聴器を正しく選択して一致させます。 補聴器の選択は、聴覚リハビリテーションの重要な部分です。 患者によって、難聴の程度は異なります。 補聴器は、患者が補聴器を使用できるようにする効果的な方法です。 したがって、患者は、補聴器が最大の役割を果たすように、正しい選択のために専門機関に行く必要があります。

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
Jinghao補聴器のリマインダー:補聴器の装着には専門的な「マッチング」が必要なので、プロの補聴器マッチングセンターと補聴器テスターを選択することが非常に重要です。 聴覚に問題がある場合は、Jinghaoに電話して相談するか、マッチングセンターで経験を積むことができます。 補聴器無料相談Tel .: + 86-18566295705

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
  

リンク:補聴器を装着して聴力を回復できますか?

中国にリストされている補聴器の工場とサプライヤーの出典: JINGHAO補聴器.