Hearing aids technology

co牛損傷による難聴

co牛は聴覚細胞と感覚細胞を含むらせん管です。 co牛は、その周波数に応じて音を分解し、感覚細胞によって聴覚神経内の神経コードに変換されます。 co牛の損傷による難聴と耳鳴の一般的な原因は次のとおりです。

メニエール病メニエール病は進行性疾患であり、周期性のめまい発作、変動する感音難聴、耳鳴りおよび耳の膨満として定義されます。

病気の初期段階では、難聴は低周波にのみ影響し、ほとんど可逆的です。 しかし、病気が進行するにつれて、残留聴力は最終的に悪化し、より高い周波数に広がります。 症状は片側から始まりますが、多くの患者では、病気の経過に応じて、10または15年後に反対側の耳が侵されます。 耳鳴りは急性発作の間持続することがありますが、通常はめまいの2日前に悪化します。

ch牛血流の変化:co牛は、その機能を維持するために適切な血液供給を必要とします。 迷路動脈は終末動脈であり、内耳への側副血行はありません。 血液灌流のわずかな変化でさえ、co牛の損傷を引き起こす可能性があります。 さらに、co牛は血液供給の高いエネルギー消費に依存して脆弱になるため、優れたco牛液バランスを維持する必要があります。

難聴を引き起こす多くの全身性疾患は、循環の変化または微小循環によって引き起こされる場合、耳鳴も伴います。 他の症状なしに突然の難聴の病理を説明するために、多くの仮説が提案されています。 1つの仮説は、血管損傷です。 決定的な証拠はまだ見つかっていませんが、内皮細胞を攻撃するウイルス感染が突然の難聴を引き起こすことが示唆されています。 難聴は最初は非常に深刻な場合があり、しばしば耳鳴りを伴います。 聴覚は数時間で悪化する可能性があります。 幸いなことに、耳鳴りはほぼ常に片耳に限定されており、自然に回復します。

一般に、聴覚機能は患者の1 / 3で自然に回復し、患者の1 / 3で改善しましたが、残りの患者に変化はありませんでした。 場合によっては、耳鳴りは改善されず、耳鳴りは改善されます。 ステロイド、抗ウイルス薬、または高圧酸素を使用します。

気圧外傷耳鳴りは、特に風邪またはアレルギー症状を同時に患っている場合、ダイビング後または飛行中に現れることがあります。 これらの場合、気圧の突然の変化がco牛液に影響を及ぼすため、気圧外傷は症状を引き起こす可能性があります。 耳鳴りは一時的または持続的な場合があります。 耳鳴りは、外傷が鼓膜の破裂または正円窓の破裂(漏出)を引き起こすほどひどく、聴力損失および/またはめまいを引き起こす場合にしばしば起こります。 聴覚を回復し、耳鳴りを和らげるには、適切な医学的または外科的治療が必要です。

耳鳴りおよび平衡症状は、軽度および重度の頭部外傷によく見られます。 頭部外傷後、一時的な骨折が起こり、重度の難聴、めまい、耳鳴りを伴うco牛損傷を引き起こすことがあります。 急性めまいは通常数日間続き、その後軽減しますが、めまいが続くことがあります。 難聴はしばしば永久的なものであり、耳鳴りは難聴により減少または持続する場合があります。

側頭骨骨折のない頭部外傷は、めまい、耳鳴り、時には難聴などの症状を伴うco牛の損傷を引き起こす可能性があります。 これらの症状は数ヶ月続き、その後徐々に消えますが、耳鳴りはしばしば持続します。 脳震盪による難聴のメカニズムは完全には理解されていません。 より高い神経構造が関与していることが示唆されています。

頭部外傷により、血液が鼓膜腔に染み込み、鼓膜の破裂および耳小骨連鎖の脱臼を引き起こし、伝導性難聴および耳鳴を引き起こします。 これらの傷害は、しばしば適切な外科的治療を必要とします。

Jinghao補聴器のリマインダー:補聴器の装着には専門的な「マッチング」が必要なので、プロの補聴器マッチングセンターと補聴器テスターを選択することが非常に重要です。 聴覚に問題がある場合は、Jinghaoに電話して相談するか、マッチングセンターで経験を積むことができます。 補聴器無料相談Tel .: + 86-18566295705

  

リンク:co牛損傷による難聴

中国にリストされている補聴器の工場とサプライヤーの出典: JINGHAO補聴器.