Hearing aids technology

補聴器メソッドのデバッグ-補聴器は音質をデバッグできますか?

補聴器メソッドのデバッグ補聴器自体で音質をデバッグできますか?

音の大きさは調整できますが、音質は補聴器自体に内蔵されています。 補聴器のブランドによっては、音質がより柔らかくなります。 補聴器のブランドの中には、強力で強力でなければならないものがあり、プロの補聴器フィッティングセンターにいます。 フィッターは、聴力損失の程度と性質に応じて推奨します。 自分で体験して、どのような補聴器が適しているかを確認することもできます。 どの音質の補聴器がより快適ですか。

u = 523292228,1015476617& fm = 26& gp = 0.jpg

1.音質は補聴器のブランドによって決まります。 ブランドごとに補聴器開発のアイデアが異なるため、音質は異なります。 これを単独でデバッグすることは不可能です。

2.単に音量調整、つまりサウンドサイズの調整を意味する場合、音量ボタンが補聴器にある限り調整できます。

3.別の状況は、あなたが話している音質が低周波または高周波のゲイン補正の調整であることです。 これには、フィッターのデバッグが必要です。 通常の状況では、低周波数ゲインが高すぎ、音が厚すぎて低すぎ、高周波数ゲインが調整されます。 高く、音は比較的鮮明です。プロのフィッティングセンターに行って、フィッターに相談してください。

Link:Debug hearing aid method – can the hearing aid debug the sound quality?

Source from the China listed hearing aids factory and supplier: JINGHAO Hearing Aids.