Hearing aids technology

補聴器を取り付ける必要がありますか?

補聴器を取り付ける必要がありますか?

補聴器は購入されませんが、一致します。 メガネを買う代わりにメガネをかけると言ったように。 オプションの補聴器 ユーザーの聴覚条件に応じて適切なゲインを選択することです(に入る)パワー補聴器、 そして、ユーザーのリスニング習慣に従ってリスニングプログラムを設定します。 適切なゲインとは何かを知るために、 聴力検査には聴力計が使用されます。 補聴器を選択する前に、サービス態度を気にすることに加えて、 消費者はどのブランドの補聴器が多いかを知る必要があるため、 最新の補聴器はインテリジェントであるため、各補聴器メーカーの製品には専用のソフトウェアがあります。 調整が必要になったら、より多くのアウトレットがある補聴器店が便利です。 いつでもどこでも調整できます。 現在、耳の聴覚など、国内の耳のポイントが増えています。 補聴器フィッターは、全国の職業訓練と監査に合格する必要があります。 消費者が補聴器フィッティングショップを選択するとき 店内にプロのフィッターがいるかどうか尋ねる場合があります。 必要に応じて、サポート文書を提示するよう依頼します。 消費者がフィットしているとき、 通常のリスニングの習慣と機会について慎重に考えてください。 結局のところ、補聴器は補助デバイスであり、常にいくつかの欠陥があります。 補聴器は、作業がうるさいか、静かかなど、最も重要なニーズに応じてのみ選択できます。 屋内で多くの民間の仕事をしていますか、それとも現場で仕事をしていますか? などなど。 プロのフィッターによってテストされ推奨されている補聴器 ユーザーの残りの聴覚を使用できる必要があります。 外部言語の音声信号を拡大することにより、ユーザーは会話を比較的簡単に聞くことができます。 コミュニケーションの難しさを解決しました。 消費者は、自分が選んだ補聴器がリスニングの難しさを本当に軽減するかどうかに注意を払う必要があります。 経験豊富なフィッターは、消費者に耳を傾けるよう求めています。 口を覆う 一部の聴力患者が唇を読まないようにするため、補聴器の真の効果の評価に影響します。 消費者は、マッチングプロセス全体でこれらの詳細に注意を払うことを望みます。 カスタム補聴器を使用する消費者にとって、個々の外耳道の形状に合わせて調整された補聴器は、外耳道にフィットするほど小さいため、このような医療機器は体の一部になります。 快適で使いやすい、 さらに、人間工学の原理に従って、外耳の集音機能を完全に利用して補聴器の作業効率を向上させることができます。 激しい運動のためにカスタムメイドの補聴器を着用するのは簡単ではありませんし、不便を感じる人はほとんどいません。

u = 1274041354,3737521868& fm = 27& gp = 0.jpg

高度な補聴器はインテリジェントで、 音声信号出力のサイズは、リスニング環境に応じて調整することができ、バックグラウンドノイズはそれ自体でシールドできます。これは、従来のボックス型補聴器にはない機能です。

Link:Do hearing aids need to be fitted?

Source from the China listed hearing aids factory and supplier: JINGHAO Hearing Aids.