Hearing aids technology

飛行機に補聴器はありますか? 聴覚障害、飛行方法

飛行機に補聴器はありますか? 聴覚障害、飛行方法

現在、航空業界では、移植臓器や補助医療製品に制限はありません。 一般的に、飛行が耳に与える影響は、主に航空機が上昇および下降する際の空気圧の突然の変化によって引き起こされ、中耳腔に負圧が発生します。 時間内に減圧しないと、分泌性中耳炎を引き起こします。 したがって、飛行中、航空機が上下するときは、外耳道の閉塞によって引き起こされる鼓膜の内側と外側の圧力変化を避けるために、補聴器を着用しないことをお勧めします。 一方、補聴器を使用していない人でさえ、ガムを噛んだり、飲み込んだり、挟んだりする必要があります。 中耳炎を防ぐために、中耳の内側と外側の圧力バランスを維持するための鼻の窒息など。 航空機のスムーズな前進において、補聴器の装着に悪影響はありません。 キャビン環境の騒音は比較的大きく、ノイズの多い環境手順では補聴器を下げる必要がある場合があり、これはより明瞭に聞こえることに注意する必要があります。

1535361350.jpg

耳管の発達がまだ形成されていないため、6か月以内の乳児および幼児の場合、中耳に陰圧を引き起こすのは簡単です。 一般的に、飛行機に乗ることはお勧めできません。 飛行する必要がある場合、航空機を上下させる場合、ボトルに耳鼻咽喉科医を守る許可を与えることができます。 チューブはしばしば開いており、ストレスの不均衡を解放します。

高度の急激な変化によって引き起こされる気圧の変化により、耳管は中耳の内外の圧力のバランスを取ることができなくなり、中耳に気圧の損傷を引き起こす可能性があります。 最も一般的なのは航空中耳炎です。 このタイプの中耳炎は、音響インピーダンス試験が実際に難聴かどうかを判断できるため、数日間でも一時的な機能不全を引き起こすことがあります。

専門家は、飛行機に乗っているとき、大人と子供の両方が航空中耳炎を持っているかもしれないと言います。 このタイプの損傷は、冷管および耳管の炎症の場合に発生する可能性が高くなります。 しかし、難聴の可能性は大きくありません。それは一般的な現象ではなく、両親は心配する必要はありません。

補聴器の音はオブジェクトの振動によって生成され、音を作っているオブジェクトは音源と呼ばれます。 音は、空気中の圧力波の動きです。 圧力波は、内耳の小さな骨を振動させます(小さな骨に耳を傾けます)。 これらの振動は、私たちが知覚する音である小さな電子脳波に変換されます。 内耳は、マイクが音波または話し手の発音をキャプチャするのと同じ原理を使用します。 動く機械部品と空気圧波の関係です。 当然、音のピッチが低い場合、動きはゆっくりで十分に大きく、実際に体を振動させる圧力波に「感じる」。

補聴器は、聞こえなかった音を拡大し、聴覚障害者の残留聴力を使用して音を脳の聴覚中枢に送り、音を感じる小さなスピーカーです。 マイク、アンプ、イヤホン、電源、ボリュームコントロールの5つの部分で主に構成されています。 補聴器は、伝導モードによって空気伝導補聴器と骨伝導補聴器に分けられます。 使用モードに応じて、ボックス型、メガネ型、ヘアクリップ型に分類されます。 インイヤー、インイヤー、外耳道、外耳道の補聴器。

Link:Do you have a hearing aid with your plane? Hearing problems, how to fly

Source from the China listed hearing aids factory and supplier: JINGHAO Hearing Aids.