Hearing aids technology

飲酒は聴力に有害です!

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
人々の生活水準の向上に伴い、ますます多くの人々がアルコールを飲み、飲酒の頻度はますます高くなっています。 飲酒量を減らすと聴力が向上しますが、飲酒量が多すぎると聴力の健康を脅かすことになります。 私たちは人生で飲酒量を管理し、飲酒量を減らすようにしなければなりません。

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
関連する統計によると、突然の難聴とめまいのある患者は、飲酒後一定期間内に難聴に苦しみます。これは、アルコール依存症が難聴と直接関係していることを示しています。 急性アルコール中毒は、一時的な難聴、耳鳴り、めまいを引き起こす可能性があります。 アルコールを飲む人の多くはこの感覚を持っています。 一定量のアルコールを飲むと、耳のうなりが聞こえます。 理性的な人々は一般的に飲酒を続けることを選択しませんが、一部の人々は飲酒を続けますが、飲酒後の感情は、めまい、めまいから最終的にバランスを失い、さらには嘔吐まで段階的に変化します。これは耳の機能に関連しています。 過度の飲酒は耳の機能を損ない、難聴の原因となります

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
要約すると、アルコールは聴覚に関連しており、アルコール依存症は聴覚に関連しています。 過度の飲酒は、高血圧、血管痙攣、さらには血管の塞栓症または破裂につながります。 これらの損傷が内耳で発生すると、必然的に内耳の機能を損傷し、難聴につながり、最終的に耳が聞こえなくなる患者になります。 したがって、私たちは私たちの生活の中で私たちの飲酒量を制御し、より少なく飲酒しようとする必要があります。

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
Jinghao補聴器のリマインダー:補聴器の装着には専門的な「マッチング」が必要なので、プロの補聴器マッチングセンターと補聴器テスターを選択することが非常に重要です。 聴覚に問題がある場合は、Jinghaoに電話して相談するか、マッチングセンターで経験を積むことができます。 補聴器無料相談Tel .: + 86-18566295705

<P style = “color :; font family:Arial、Verdana、sans serif;” >
  

リンク:飲酒は聴力に有害です!

中国にリストされている補聴器の工場とサプライヤーの出典: JINGHAO補聴器.