Hearing aids technology

飲酒による難聴

ワインのテーブルでは、一部の人々は飲みすぎ、他の人と話をするのに貪欲であり、説得は役に立たない。 一方では、神経系はアルコールによって麻痺しており、その作用は中枢神経系によって制御されていません。 一方、アルコール中毒者は、難聴や周囲の音の知覚不足に苦しむ場合があります。 どういう理由ですか?

飲みすぎると難聴になりますが、その理由は何ですか?

まず第一に、長期的な飲酒は、栄養失調と体内の多ビタミン欠乏症を引き起こします。 ワインのアルコールは血管を収縮させる機能を持っています。 一般に、5分間白ワインを飲んだ後、アルコールは血液に入り、血液を介して全身に入ります。 人間の組織や臓器、さまざまなシステムはアルコールによって中毒され、同時に脳血管を含む全身の微小循環障害が発生し、内耳co牛の微小循環に影響を与え、突然の難聴や耳鳴りに苦しむ多くの人々が直接多くの飲酒との関係。

第二に、過度の飲酒は血圧、血管痙攣、さらには血管の塞栓症または破裂さえも増加させる可能性があります。 これが内耳で起こると、必然的に聴覚に影響します。 さらに、アルコール中毒者による過度のアルコール摂取は、聴覚神経を損傷したり、脳の音声処理プログラムに影響を与えたりする可能性があり、これも聴力の低下を引き起こす可能性があります。

難聴を防ぐために健康的な生活習慣を保つ

この点で、耳鼻咽喉科の専門家は、アルコールを飲むこと、適度にアルコールを飲むこと、感情を楽しむために少し飲むこと、およびアルコールを飲むことは健康に有害であることを思い起こさせます。 耳鳴り、めまい、飲酒後の一時的な難聴などの難聴の症状を無視しないでください。これは長期的に重度の難聴と完全な難聴につながります。 耳鼻咽喉科の専門病院に行って診断を確認し、耳鼻咽喉科の専門医の指導の下で予防と治療を行い、ビタミンB、ビタミンC、その他の栄養素を定期的に補充し、免疫機構を強化する必要があります体。 耳鳴りと難聴を抱えている仲間は、特に喫煙と飲酒の患者の治療において、喫煙と飲酒をあきらめる必要があります。効果に影響を与え、さらには状態を悪化させます。

難聴の患者の場合、予防と健康管理も生活の中で積極的に行われるべきです。 楽観的で、健康で、せっかちではなく、良い食習慣を身につけてください。 食事の構造を調整し、亜鉛、鉄、カルシウムが豊富なより健康的な食品を食べ、高塩分、高脂肪、低繊維食品の長期消費を避け、過食を避け、タバコとアルコールを控えます。 聴覚神経を損傷する薬物を慎重に使用または禁止してください。 日常生活の騒音源から遠ざけ、それを避ける方法がない場合は騒音刺激を減らすようにしてください。

Jinghao補聴器のリマインダー:補聴器の装着には専門的な「マッチング」が必要なので、プロの補聴器マッチングセンターと補聴器テスターを選択することが非常に重要です。 聴覚に問題がある場合は、Jinghaoに電話して相談するか、マッチングセンターで経験を積むことができます。 補聴器無料相談Tel .: + 86-18566295705