Hearing aids technology

耳はどのように聞くのに役立ちますか? 両耳の利点は何ですか

バイノーラルは、無限の喜びをもたらし、多くの人々を苦しめ、はっきりと聞くことができず、スムーズにコミュニケーションをとることができず、家族と調和して調和することができず、サウンドの世界を楽しむことができません。 難聴を抱える人々を支援し、包括的な聴覚介入プログラムを取得するために、もう一度両手を広げましょう。 しかし、臨床聴覚作業では、聴覚障害のある多くの患者はバイノーラルの存在の価値を無視し、しばしば片耳の介入を行いますが、それは依然として聴力と言語発達に影響を及ぼします。 それで、バイノーラルはどのように聞くのに役立ちますか? バイノーラルの利点は何ですか?

[両耳の聞き方]人間の脳は大きく、神秘的です。 外の世界から音が聞こえると、脳内で独特のバイノーラル処理が行われます。 時間、強度、位相、周波数などの取得情報に応じて、より良い位置で音声信号を受信する耳を使用するか、バイノーラル信号の差から有効な音声情報を抽出してノイズを除去します。同じ側​​または反対側の信号処理を実行すると、明瞭なステレオリスニングが得られます。 したがって、バイノーラルリスニングは、脳の両側の聴覚経路の活動を増加させるのに役立ちます。一方、片側のリスニングは、片側のみを刺激するので、医学では「難聴」の現象に容易につながります。

<img SRC = “/data/images/2019-10-21/ed97229a70801b97aeb7c78aa868ac08。PNG” width = “500” height = “272” ALT = “耳の聞こえ方”>

[バイノーラルリスニングの利点]

騒音下での音声識別の改善:両方の耳が選択的に聞くことができます。これは、脳が聞くために必要な情報に集中できることも意味します。 調査では、補聴器を使用すると、非ユーザーと比較して、騒音下での音声識別が大幅に改善されることが示されています。

音源のポジショニング能力(水平、垂直、前後の方向)を改善します:音の方向を発言したり、指摘したりすることができ、家族や友人と調和して生きることができるだけでなく、独自の安全性と音の方向を正確に特定します。

<img SRC = “/data/images/2019-10-21/02e00a523ad685937fb58c257e69ea28。JPG” ALT = “バイノーラルリスニングの利点”>

より良い音質を手に入れましょう:人生では、ステレオシステムを使用すると、音が滑らかでクリアで自然なものになることは明らかです。 つまり、補聴器を装着しているユーザーは、両耳を装着することでリスニング範囲を改善できます。 片方の耳の180度で音を受信することから、両方の耳の360度で音を受信することまで、より良いバランス感覚と音質が得られます。

声のリズム感を改善します。声をより豊かで豊かなリズムで、明瞭なリスニングと表現にします。

広い聴取範囲:両方の耳が非常に遠い音を聞くことができます。 データによると、同じ音の場合、片耳では10フィート(約3メートル)未満しか聞こえませんが、両耳では40フィート(約12メートル)以上聞こえます。

聞くことは、より快適でリラックスできます。研究は、聴覚が疲れるのではなく、非常に楽しいことを示しています。 両耳で聞くことは、聴覚障害のある人がリスニングと会話を楽しむための重要なツールです。 したがって、バイノーラル聴覚は生活を楽にします

バイノーラル聴覚バランス:つまり、両方の耳にはステレオ効果としても知られるサウンドバランス受信の感覚があります。 片方の耳で聞くと、意識的に声のトーンを変えてしまいますが、これは不自然です。

片耳の聴覚疲労を避ける:騒がしい環境では、片耳で聴くよりも二重耳の方が快適です。 補聴器を使用する場合、音量を低く保つことができますが、より明瞭で大きな音を得ることができます。

耳鳴りマスキング効果:調査では、ユーザーの約50%が補聴器を着用し、耳鳴りが軽減することを示しています。

鳴き防止機能の強化:補聴器ユーザーが2つの耳を使用する場合、必要なゲインは片耳のゲインよりも低いため、補聴器の鳴きの可能性は大幅に減少します。

上記の共有、バイノーラル聴覚を通じて、あなたはそれに慣れていると思います。 聴覚の健康を愛し、保護し、注意を払いましょう。 素早く動き、腕を広げて聞いてください。