Hearing aids technology

耳のしくみ

人間の耳は、外耳、中耳、内耳の3つの部分で構成されています。 人間の耳には、聴覚と平衡感覚を生み出す機能があります。 普通の人の耳は、400000のさまざまな音を区別できます。それらのいくつかは非常に小さいため、鼓膜を水素分子の直径の1/10だけ動かすことができます。

音が放射されると、周囲の空気分子に一連の振動が発生します。 これらの振動は音波であり、音源から外に向かって伝播します。 音が外耳に到達すると、外耳道に伝達され、耳介の集音機能を介して鼓膜に到達します。 鼓膜は、外耳と中耳の境界です。 紙のように薄いが、非常に強い。 音波が鼓膜に当たると、鼓膜が振動します。

鼓膜の後ろの中耳腔には、3つの小骨が接続されています。 各耳小骨は、米粒の大きさのみです。 それは人体の最小の骨です。 彼らの名前はその形に由来しています。 鼓膜の隣には木mall(木mallのような)があり、その後に金床(金床のような)があり、最後にアブミ骨(あぶみのような)があります。 音波が鼓膜を振動させると、耳小骨が振動します。 3つの耳小骨は、実際に音を増幅して内耳に伝達するレバーシステムを形成します。

3つの耳小骨の最後のアブミ骨は、楕円形の窓と呼ばれる小さな膜に付着しています。 楕円形の窓は内耳の扉であり、内耳にはspecialized牛という特殊な器官があります。 アブミ骨が振動すると、楕円形の窓が振動します。 楕円形の窓の反対側には、流体で満たされたco牛管があります。 楕円形の窓が振動すると、液体が流れ始めます。 co牛には何千もの有毛細胞があり、上部に小さな繊毛があります。 液体が流れると、これらの細胞の繊毛が影響を受けます。 一連の生体電気が変化すると、有毛細胞は音信号を生体電気信号に変換し、聴覚神経を介して脳に伝達します。 脳は、送信した情報を処理して統合し、聴覚を生み出します。

さらに、内耳には非常に重要な器官である半規管が含まれています。 半規管は、頭部の3次元空間のバランス感覚に特化した3つの垂直リングで構成されています。 半規管に何か問題があると、めまいを起こすことがあります。

聴覚は、人間の社会生活に必要なコミュニケーションチャネルです。 しかし、最も重要なことは、聴覚は私たちに環境を感じさせ、安心感と参加感をもたらすということです。 聴覚は健康にとって非常に重要です。

Jinghao補聴器のリマインダー:補聴器の装着には専門的な「マッチング」が必要なので、プロの補聴器マッチングセンターと補聴器テスターを選択することが非常に重要です。 聴覚に問題がある場合は、Jinghaoに電話して相談するか、マッチングセンターで経験を積むことができます。 補聴器無料相談Tel .: + 86-18566295705