Hearing aids technology

補聴器の価格はいくらですか?

補聴器の価格はいくらですか?

補聴器の範囲は、数千から数万です。 違いは、快適さと明瞭さを聞くことです。 高齢者に適切な補聴器を提供したいです。 まず第一に、補聴器の選択は患者の難聴に基づいています。 薬局や補聴器店で家を買って、高齢者に直接着ることはできません。 音が補正されている場合。 高齢者の聴覚に二次的な損傷を引き起こすには大きすぎます。

フィットして、老人にデバッグされた補聴器を装着させて効果を聞き、一連のテストを行って補聴器の効果をより正確に確認します。 基本的に、現在の補聴器は、ノイズリダクション、高コストのノイズリダクション性能、および高い快適性の機能を備えています。 ただし、この購入の基礎は、高齢者が安心して暮らす環境に依存します。 補聴器は、ボックスマシン、イヤーバックマシン、およびカスタムマシンに分類されます。 今、一般的な家族の経済状況も購入することができますコンピュータープログラム、効果が優れているため、ノイズリダクション機能が良い、ボックスマシンがうるさい、すべてが拡大されます。 イヤーバックマシンは目に見えませんが、内耳よりも快適で、古い手足は柔軟性がなく、イヤーバックタイプはわずかに大きくなります。 耳の利点は比較的目に見えませんが、耳の初めに少し不快ですが、一定の期間に適応するのに慣れていますが、保護カバーが簡単にブロックされるため、高齢者はそれを掃除しません、補聴器が提供されます。 デバッグ技術に依存します。 最後に、補聴器は長期間の装着プロセスであるため、販売後に便利で保証されている必要があります。 販売後に製品が保証されるように、チェーンの専門のフィッティングセンターに行く必要があります。