耳や聞こえ、難聴についての質問と解答を集めています。
特に難聴については、知らないこと、わからないこと、不安に思うことがたくさんあるはずです。このコーナーでは、皆様から寄せられた疑問や質問から代表的なものを集めて掲載しています。

聴力の低下した方は日本にどれぐらいいるのですか?

日本補聴器工業会によると、現在日本では、聴力が低下している人は、約1994万人(人口の約15.2%)といわれ、高齢化とともにその数は増加すると推察されています。聴力低下の主な原因は加齢であるといわれています。しかし、日本の推定難聴者人口1994万人のうち、自分の聴力の低下に気付いている人は、ほぼ半数(約53%)という数字もあります。

聴力低下の最も一般的な原因は何ですか?

聴力の低下は、さまざまな要因のもとあらゆる年齢で起こります。原因の90%以上は、加齢 によるものか、職場などで長時間強大な音にさらされていたことによるものです。また、耳に耳垢が過剰にたまっていたり、異物が入っていたりする場合にも、聴力低下は生じます。この場合には、耳鼻科で耳垢などを取り除くことによって、聴力が元に戻ることがあります。
最近問題になっているのは「ヘッドホン難聴」と呼ばれるもので、ヘッドホンステレオで長時間大音量で音楽を聞くことによって引き起こされる聴力低下のことです。

年齢を重ねるごとに聴力が低下することはありますか?

聴力も視力と同じように、年齢とともに低下していきます。これは多くの方にあてはまる生理的な現象です。加齢で聴力が落ちるのは自然なことですが、日常生活に不便を感じる場合には、補聴器のご利用をおすすめします。

テレビの音が聞こえづらいのですが…

テレビの音が聞こえづらくなり、聴力の低下に気づかれる方は多いようです。ニュース番組など、アナウンサーが一人で話すようなものは比較的聞き取りやすいといわれていますが、同時に何人もが話し出すバラエティー番組や大きなBGMが流れているものの場合、聞きたい言葉を拾いづらくなることがあります。もともとテレビの音は、聞き取りと言葉の理解に個人差が生じやすいうえ、聞こえてくる音自体が人間の自然な声ではありません。お客様の聴力にもよりますが、両耳に補聴器をしてみたり、音に集中して聞き取る練習をしてみたりと何らかの工夫が必要になるでしょう。
どうしてもテレビの音が聞こえづらい場合は、お近くの販売店で聴力測定だけでも受けられてはいかがでしょうか。ご自身の聴力を把握するきっかけにもなり、おすすめです。

会議や居酒屋のような複数の人が話す場所では、聞こえづらいのですが…

50〜60代の方から、会議や酒席の場ではどうも言葉が聞き取りにくいという話をよくうかがいます。大勢の人の中での会話は、通常でも聞き取りにくいものです。聴力がだんだんと低下している状態なら、なおさらでしょう。ざわざわした場所で誰が何を話しているのかを理解するには、音の方向感覚が重要になります。話す方がいる方向や距離は、左右の耳を使って確認しているのですが、聴力が低下していたり片耳の聞こえが悪いとこの方向感覚がつかみにくいために、大勢の人の中で話し声を聞き分けることは難しくなります。
このような場合には、補聴器を両耳に装用することをおすすめします。左右の耳が聞こえを補い合い、方向感覚のバランスを崩すことなく、補聴効果を上げることができます。

聴力が低下するとどういう聞こえ方になるのですか?

聴力の低下の度合や状態は、個人差があり一概には言えないのですが、加齢による聴力低下の場合は、一般的に高い音から聞こえにくくなると言われています。高い音が聞き取りにくくなると、話し声の子音が聞き分けられなくなってきて、聞き間違いが多くなります。いわゆる”声は聞こえるけれど、何を言っているのかがわからない”という現象です。
聴力が低下するということは、単に小さな音が聞こえにくくなるというだけではなく、人の話し声を聞き取ることが難しくなるということなのです。

聴力の低下を防ぐ方法はあるのですか?

加齢による聴力の低下は誰にでもおこる可能性があります。こうすれば難聴にならないという方法はありませんが、日頃から耳をいたわり、ケアすることは大切です。日本補聴器工業会の資料によると、聞こえのためにいい8つのポイントは以下の通りです。
1. うるさい環境(大きな音のするところ)に長時間居ないこと
2. 年に1 回は健康診断などで、きこえに関する定期検診を受けること
3. 疲労や精神的ストレスなどをできるだけためないこと
4. 適度な運動を心掛けること
5. 睡眠をしっかりとること
6. ビタミン、ミネラルを多く含むバランスの良い食生活を続けること
7. 高血糖、高血圧に注意すること
8. 人と楽しく会話(コミュニケーション)すること